ハイブリッドカー
ハイブリッドカー比較サイトです。ガソリン価格高騰で燃費のいいハイブリッドカーに注目。エコロジーも補助金対策も。ハイブリッドカーの代名詞のトヨタプリウスはじめ日産、ホンダ等の車種を徹底比較!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
近年、自動車の排気ガスによる環境問題やガソリン価格の高騰などを受けて、ハイブリッド車の需要が高まっています。
車の購入を考える時、数年後の車の下取り価格もポイントの一つです。下取り価格は次の車の購入にも影響し、また新車が高額な場合でも、それを補うほどのメリットがあります。
一般的に日本車の3年後の下取り査定額は、新車価格の40%前後が相場だといわれます。

トヨタのミニバンであるエスティマ・ハイブリッドでは、現在3年後の下取り価格が60%台と予測されています。ベーシックタイプの新車価格が360万だとすると、3年後に240万円で下取りされるという計算になります。この数字は下取り価格としては最高水準だといえます。これはエスティマがトヨタの人気車種であり、さらに注目度の高いハイブリッドであるからです。

トヨタのプリウスはハイブリッド車の中で最も人気の高い車です。下取り価格は50%前後で、エスティマ・ハイブリッドと比較すると低い価格ですが、日本車の中では高水準の部類に入ります。
アルファード・ハイブリッドはエスティマと並んでトヨタの人気ミニバンです。下取り価格は50%後半で、エスティマ・ハイブリッドと比較すると少し低くなりますが、高い下取り価格といえます。

ホンダのシビックはプリウスのライバル車といわれる車ですが、下取り価格は60%前後と高水準で、現在ではプリウスと比較するとやや高価格になります。
下取り価格は車のモデルチェンジやマイナーチェンジなどでも変動します。購入時には数年後の下取り価格を視野に入れて車を選ぶことが重要です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。