ハイブリッドカー
ハイブリッドカー比較サイトです。ガソリン価格高騰で燃費のいいハイブリッドカーに注目。エコロジーも補助金対策も。ハイブリッドカーの代名詞のトヨタプリウスはじめ日産、ホンダ等の車種を徹底比較!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かつて乗用車といえばセダンが主流でした。しかし近年ではワゴンやミニバンの人気が高くなっています。世界的な自動車メーカー、トヨタの代表的なハイブリッドミニバンには、アルファード・ハイブリッドとエスティマ・ハイブリッドがあります。

アルファード・ハイブリッドは全高1900mm以上、全幅1800mm、全長5000mm弱という大型ミニバンです。室内空間が広く、居住性が良い点で高く評価されています。木彫パネルの高級感ある内装で、3列目のシートまで快適に座ることができる広さです。大人6名の乗車でもゆとりがあります。
ただし車高が高いため運転者の視線が高くなります。そして死角が増えるため運転には注意が必要です。

また室内スペースを確保しつつ、優れた静粛性を実現しています。燃費はガソリン車のリッター9.7キロに対し、ハイブリッド車では17.2キロとなっています。高級感と低燃費を兼ね備え、下取り価格も高値で安定していることから、発売以来、高価格ながらも幅広い世代から支持を受けています。
エスティマ・ハイブリッドもまた幅広い世代に支持を受けているハイブリッドミニバンです。大型ミニバンですがアルファードと比較すると若干小さくなっています。

卵型のスマートなデザインが特徴で、安定した走行性は高速道路などの長距離ドライブに適しています。しかし3列目シートは収納式で荷室にもなりますが、シートとして使用する場合には少々窮屈になります。
リッター20キロという低燃費で、多人数乗車に加え、デザイン性や走行性の高さが人気の理由だと考えられます。
車体価格はアルファード・ハイブリッドと比較すると、同程度か少々高めになっています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。