ハイブリッドカー
ハイブリッドカー比較サイトです。ガソリン価格高騰で燃費のいいハイブリッドカーに注目。エコロジーも補助金対策も。ハイブリッドカーの代名詞のトヨタプリウスはじめ日産、ホンダ等の車種を徹底比較!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クラウンは1955年の発売以来、日本人の感性に合う魅力ある高級車として人気を集めてきました。トヨタは2008年にクラウンのフルモデルチェンジを実施した際、従来の「ロイヤルサルーン」「アスリート」シリーズに加えて「ハイブリッド」を新設定し注目を集めました。

ハイブリッドシステムにはレクサスGSの450hにも使われている「2段変速式リダクション機構付THSⅡ」が搭載され、4.5リッター級の動力性能と2.5リッター級の燃費性能を実現しました。10・15モード燃費を比較すると、3000ccロイヤルサルーンが11.8キロ、3500ccアスリートが10.0キロに対し、3500ccハイブリッドは15.8キロと大変優れています。

また2015年度燃費基準をクリアしており、新型クラウンにふさわしい先進性を示しています。
価格は従来シリーズが370~570万円程度でハイブリッドは600万円程度となっています。

さらに新型クラウンでは全車に最新の安全装備が盛り込まれていることも特長です。滑りやすい道路で走行安定性を保つ制御システム「VDIM」や「居眠り運転検知システム」、急ブレーキ時にストップランプが点滅して後続車への注意を促す「緊急ブレーキシグナル」、後方から衝突された時にヘッドレストが移動し頭部を支える「アクティブヘッドレスト」などが標準装備されています。

高級感あふれるインテリアや装備が充実したロイヤルサルーン、スポーティーな走りを強調したアスリート、高い動力性能と環境性能を備えたハイブリッド。伝統と技術が調和する新型クラウンはどのシリーズも充足度の高い内容になっています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。