ハイブリッドカー
ハイブリッドカー比較サイトです。ガソリン価格高騰で燃費のいいハイブリッドカーに注目。エコロジーも補助金対策も。ハイブリッドカーの代名詞のトヨタプリウスはじめ日産、ホンダ等の車種を徹底比較!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハイブリッド車は当初、トヨタのプリウス、ホンダのシビックなど乗用車タイプが主流でしたが、その後エスティマやアルファードなどのミニバン、ハリアーやクルーガーなどのSUVなど、販売車種は広がって行きました。
軽自動車では2003年にスズキのツインが始めてハイブリッドシステムを搭載しました。2人のりのコンパクトな車体で、ヘッドランプやテールランプ、ホイールハウスなどに独特なデザインが施された特徴的な車です。

エンジンを主体としたハイブリッドシステムで、加速時などにはモーターによってエンジンの負担を軽減します。また、アイドリングストップシステムによってエンジンを自動的に停止し、リッター34キロメートルという低燃費を実現して
います。

ツインはハイブリッド車、ガソリン車ともに販売不振により、2005年には生産中止になっています。現在新車で購入することはできませんが、中古車市場では今も扱われており、一部の根強いファンに支持されています。
ダイハツのハイブリッド軽自動車にハイゼットカーゴがあります。これは始めての軽商用ハイブリッド車として開発されたもので、トヨタのハイブリッド技術と荷室の広さ、リッター20キロという低燃費、排出ガスレベルの低減など、実用性と環境面ともに優れた面を多くもち、2006年には「省エネ大賞」を受賞しています。

ツインとハイゼットカーゴを比較すると、同じハイブリッド軽自動車でも用途や価格帯が異なります。
軽自動車は取り回し性や燃費に優れた便利な車で、ホンダでは今後小型ハイブリッド車の開発に力を入れることを明らかにしています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。