ハイブリッドカー
ハイブリッドカー比較サイトです。ガソリン価格高騰で燃費のいいハイブリッドカーに注目。エコロジーも補助金対策も。ハイブリッドカーの代名詞のトヨタプリウスはじめ日産、ホンダ等の車種を徹底比較!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トヨタの人気車種の一つ、エスティマは1990年の5月に「トヨタの天才タマゴ」というキャッチフレーズで発売されました。2000年には2代目が発売され、ハイブリッド版も登場しました。その頃日本ではミニバンのブームが起きていましたが、エスティマはその代表的存在として人気が定着していました。その後2006年には3代目エスティマが誕生しています。

エスティマは卵型のスマートなデザインが特徴です。スタイルや走行性、居住性、安全性などで優れ、多人数乗車の車として、ファミリーを始め幅広い年代に人気を集めています。しかし3列目シートは収納式で荷室にもなりますが、シートとして使用する場合には少々窮屈になるという指摘もあります。

もともと優れた性能を持っていたエスティマに、さらにハイブリッド車ではリッター20キロという低燃費を実現したということで、エスティマ・ハイブリッド車は発売当時から自動車業界の注目を集めていました。
デザインや内装を比較すると、エスティマ・ハイブリッドは若干ハイブリッド車としての特長が出ていますが、全体的には大きな違いはありません。

エスティマ・ハイブリッドはノーマル車と比較して、購入時の値引きは期待できず、同じグレードでの価格は50万円以上高額になっています。その代わりに、取得税や自動車税が大幅に減額され、税制面での負担が軽くなります。
またエスティマ・ハイブリッドの燃費はリッタ20キロで、ノーマル車の11キロと比較して大きく向上しています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。