ハイブリッドカー
ハイブリッドカー比較サイトです。ガソリン価格高騰で燃費のいいハイブリッドカーに注目。エコロジーも補助金対策も。ハイブリッドカーの代名詞のトヨタプリウスはじめ日産、ホンダ等の車種を徹底比較!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レクサスはトヨタの高級車ブランドとして1989年にアメリカで発売が開始されました。現在レクサスブランドは日本を中心に、世界の60カ国以上で展開されるまでに成長しています。
レクサスの種類にはLS、GS、IS、CSがありますが、レクサスGSはレクサス以前の人気高級車、アリストの後継車モデルで、新型アリストとも呼ばれています。GSはグランドセダンを意味しています。

アリストはデザイン性や加速性などに優れ、高性能なスポーツセダンとして世界的な人気を集めていました。車両価格は350万円台から480万円台で当時のクラウンと同程度でした。
レクサスのハイブリッド車は発売から約一年後にGSに追加されました。エンブレムやホイール以外は、ほぼガソリン車と同じ概観になっています。

レクサスハイブリッドの外装を先代アリストと比較すると、大きさはほぼ同等ですが、全長とホイールベースが若干長くなっているという違いがあります。しっかりしたドアが付けられ、クラウンのプラットホームを使いながら、デザインは先代アリストよりさらにスポーティーに進化しています。
インテリアは先代アリストがスポーティーさを重視していたことと比較すると、レクサスではラグジュアリーなイメージが重視されています。

レクサスハイブリッドの価格は600万円台後半から700万円台後半で、ガソリン車500万円台前半から700万円台後半となっています。いずれもアリストより高価格です。
レクサスGSハイブリッドは、環境へ配慮された4ドアスポーツセダンの中心的存在として地位を確立することが期待されます。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。